喪中はがきの返信は?~クリスマスカードで心を伝えてみませんか?

クリスマスカード

この季節になるとぱらぱらと届き始めるのが喪中はがき。

年内に家族を亡くされた方からの、新年のご挨拶を遠慮させていただきます。というお知らせです。

悲しいかな、それは月日を重ねるごとに増えているように思うのは気のせいでしょうか。

さて、そんな喪中はがきが届いたらあなたならどうされますか?

私は手描きの「クリスマスカード」をおくるようにしています。

そうなったいきさつと、その前に、喪中はがきを受け取った場合はどんな対応をすればよいのかをお話したいと思います。

通常の対応

通常の対応とは世間一般でよく行われている対応という意味です。

年内にご家族や大切なお身内が無くなられた方から、毎年年賀状をやりとりしている人のもとに、喪中につき年賀の挨拶を控えさせていただきますという挨拶状が届きます。

これを「喪中はがき」ということはもうご存知のことと思います。

喪中はがきをいただいた時の対応はその状況や時期によっても異なってくると思います。

喪中見舞い

一般的には、「喪中見舞い」という形で返信します。

これは相手の方が喪中であることを知っていても、今回のはがきで初めて知ったとしても同じです。

ただ後者の場合は「心よりご冥福をお祈り申し上げます」というお悔やみの言葉を添えることが大事です。

いずれにしても、相手の方は寂しく心もとない年越しをされるのですからその気持ちを気遣い、新しい年を穏やかに迎えられるようにという励ましを伝えましょう。

寒中見舞い

中には、通知を受け取っていながらついついそのままになってしまっていたり、うっかり年賀状を出してしまったという場合もあるかと思います。

相手の方も忙しさに取り紛れて喪中はがきを出すのが大幅におくれてしまい、こちらに届いたのが年の瀬も押し迫って・・ということもあります。

その場合は「寒中見舞い」という形で対応されるのがいいかと思います。

寒中見舞いとは、厳寒期に出す互いの近況報告を兼ねた季節の挨拶状です。
寒中見舞いは季節のご挨拶だけでなく、喪中の方へのご挨拶や、故人宛の年賀状に対する返礼、そして喪中欠礼をお伝えする時にも活用されます。
また、相手方が喪中とは知らず、年賀状を出してしまった場合のお詫びも寒中見舞いで行います。
ここからはじまるエンパークより引用させていただきました。

寒中見舞いは、松の内(1月7日又は15日)を過ぎてから節分(立春の前日、2月4日頃)までの期間に送るという慣わしがあります。

通知を受け取りながらお悔やみが遅れてしまったり知らずに年賀を送ってしまった失礼を詫び、あらためて慰めと励ましの言葉を送りましょう。

 

以上が一般的に行われている対応です。

ここからは私の場合になります。

クリスマスカードを送るわけ

私はもう数十年も前に父を亡くしています。

その時も世間にならって11月中に喪中はがきを親しい方に送りました。

明けて元旦、郵便受けは空っぽと思いきや、数枚の年賀状が入ってました。

送ったはがきに気がつかなかった人、実は「年賀状の来ないお正月なんて寂しいから構わないのでちょうだい」とこちらから要請してた(笑)友人、そして普段は全くやりとりがないのに、その年に限って年賀の挨拶を送ってくれた人等々・・。

「明けましておめでとう」「今年もよろしく」の文字は、大好きな父を亡くして暗い日々を送っていた私の感情を決して逆なでなどしませんでした。

そればかりかとても晴れやかな気持ちで、「ようし、今年は明るくいくぞ!」と彼ら彼女らに心から感謝したことを覚えています。

でも中には、喪中に年賀状をおくられて、不快な気分になる方もいらっしゃるでしょう。

なので、それ以来、私は喪中の方には「クリスマスカード」を送ることにしています。

手描きのクリスマスカード

この時期、街にはお洒落で素敵なクリスマスカードが溢れていますね

さてその中でどんなカードを選びましょう。

私はあまりキラキラしているものや飛び出すカードなどは出来るだけ避けるようにしていました。

でもそうするとそれはそれで雰囲気もあるのですが、若干地味でシンプルすぎるデザインになってしまいます。

それならいっそ自分で作ってしまえ!とここ数年は手描きのカードをおくるようにしています。

手描きとはいっても、「自分でイラストを描く」だけで特別なことではありません。

100円ショップなどにある、白地のはがきの片面にイラストを描きます。

あまりクリスマス色を出さないで、でも何となく聖夜の感じが出るように。

外国の人におくるわけではないので、言葉は「Merry  Christmas」のみと決めています。

ちなみに「Merry  Christmas」を①「Xmas」または②「X’mas」と表記されている事がありますが、
②は正しくありません。
このXの上のコンマはアポストロフィーといわれ、何かを省略するときに用いられる記号です。
X =「キリスト」、mas=「ミサ」
という意味になりますので省略する必要がないからです。

裏面には相手におくるメッセージを書きます。

前にも述べましたが、喪中であることを知らなかった場合は(大抵がこのケースです)「心よりご冥福をお祈り申し上げます」とお悔やみのフレーズを忘れないように。

そして新しい年を穏やかに健やかに迎えることが出来るよう励ましの言葉を添えましょう。

はがきですのでこのまま出すこともできますが、やはり封筒に入れて出したほうが気持ちが伝わるような気がします。

正式にはクリスマスカードは11月の第四木曜日にあるThanksgiving Day(感謝祭)の関係で、11月下旬から12月中旬までに届くようにおくるそうです。
でも、日本人同士であればそこまでこだわらなくても良いかと思います。
でもどんなに遅くともクリスマスイブには届くように気をつけましょう。

まとめ

喪中はがきが届いたときの対応は人それぞれかと思います。

でも、心おぼつかないながらもその事を伝えてくれたわけですから、やはり何らかの形で励ましの言葉を伝えてあげましょう。

相手の考え方や宗教の関係で「Merry  Christmas」という言葉を避けた方が良いという考え方もありますが、大切なのは心を伝えることですのであまりそこはこだわらなくてもいいのではないかと思います。

もしそういう事情が明らかということなら、「喪中見舞い」や「寒中見舞い」を送るようにして下さいね。

 

今年もいよいよ押し迫って参りました。

あと残り数十日を心置きなく過ごされますように・・・。

コメント