これで解決!?イラストACの「非公開」を回避するための傾向と対策

こんにちは、ひよです。

イラストACへの投稿をコンスタントに続けています。

このペースと気合、このブログにも分けてあげたい・・・。

 

いえ、決してブログを続ける気力が失せてるわけではありませんから~(汗)

 

さて、この前の記事でも書きましたが、相変わらず投稿時の「タグ」「カテゴリ」の選び方が難しく四苦八苦しています。

その記事がこちらです。

投稿再開!2年ぶり「イラストAC」の審査がなかなか厳しくなっていた
あなたはご自分が描いたイラストを広く世の中に紹介したいと思ったことはありませんか?また自分のブログなどに合ったイラストを探したことはないですか?今回はイラストACというサイトのご紹介と投稿を再開したら意外と厳しくなっていた審査基準についてお話..

思うようにイラストがダウンロードされなくなってしまった今、気分ののっているうちに投稿のスピードを上げたいのですが、この時点で作業が滞ってしまいます。

もちろん、ダウンロード数やNICE数が減っているのはそのせいではなく、2年もの描かないブランクを空けてしまったこと、イラストレーターさんの数が急増し競争率が高くなってしまったことが大きな原因です。

ただもっとスムーズにこの関門が通過できればもっと効率があがるのにな~と正直思うわけで・・・。

そこで、速やかに審査を通過し一つでも多くダウンロードされるための傾向と対策を述べていきたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

タグの解釈

タグはいわゆるキーワードのことです。

ここでは1作品につき5個から50個まで登録することが出来、1つのタグは15文字まで入力できます。

ただし客観的に見ても関連性のあるものだけなので、発想を飛ばしすぎたものや全く関係のないワードは認められません。

とはいっても、現実問題として1作品に50個ものキーワードを登録できるものなんでしょうか。

つまり50個の明らかに目に見えるワードがその1つのイラストに含まれているということですよね。

以前のように、例えば「熊」のイラストがあったとして「熊」「くま」「クマ」「BEAR」と同義語を入力する必要は無くなりました。

そうなると単一のイラストではとてもその数を満たすことは不可能に近いです。

かといって、無理やりなワードをねじ込むと、

現在、この作品は「適切なタグがつけられていない」ため非公開となっております。

という「非公開」メッセージがかえってくるのです。

タグが多ければ多いほど、ユーザーの検索にひっかかりやすくなるのでここは大いに悩むところですね。

 

※『もうタグで悩まない!「イラストAC」にヒントが貰える機能がついた!』という記事を公開しています。
タグに関して再審査のヒントが貰えるようになりました。是非ご参考になさって下さい。

カテゴリの解釈

カテゴリは28個の選択肢の中から3個のみを選択できるものです。

お詫び:メンバーページの実際の画像をあげてはいけないと思いますので想像しながらお読み下さい。

この解釈が難しいと感じるのは私だけでしょうか。

以前にも例をあげてみましたが、例えばネコのイラストを描いたとします。

ネコは動物ですからまず「動物」を選択しますよね。

でも季節も関係ないし、医療や生活、文具とも違います。

となるとあとは自分がこんな風に使って欲しいなあという希望もこめて、「壁紙」とか「ポストカード」を選ぶことになります。

自分では全然違和感の無い選択だと思いましたが、

現在、この作品は「適切なカテゴリが選択されていない」ため非公開となっております。

とのメッセージをいただいてしまいました。

結局、「動物」と「その他」(表示されているどの選択肢にもあてはまらないもの)の2つで再投稿し審査を通過することが出来ました。

これ以降、迷ったら「その他」を選択することにしましたが、「その他」ってワードで検索するユーザーさんは果たしてどのくらいいるのでしょうか。

 

ちなみに上のシンプル過ぎるイラストを投稿した際、

「壁紙」「セット」「その他」で投稿 ⇒適切なカテゴリが選択されていないのメッセージ ⇒ 削除

 ⇒ 「セット」をはずして再投稿 ⇒ 「審査中」を経て承認・・・結果「壁紙」もはずされ「その他」だけになってしまってました。

 

ううむ・・・

このカテゴリで皆様のお目に無事ふれることが叶いましたら幸いです(涙)

引き算の対策

こうなると、「タグ」「カテゴリ」の選択にだんだん消極的になってしまいます。

タグ」は明らかに認識できる無難なワードのみを入力するわけですが、そうなると私のイラストの性格上、どう頑張っても7個が限度です。

カテゴリ」はとりあえず「壁紙」「ポストカード」「フレーム」は避けることにしました。

逆にどんなのだったら上記のカテゴリにあてはまるのか公開されているほかのイラストレーターさんの作品を検索してみましたが、正直よくわかりません。

中にはどちらにも該当している作品もあり、どう見てもフレームじゃない?という作品もありでその区別の基準はどうなっているのでしょう。

ただ、どれも丁寧に細密に描き込まれていてそのクオリティのあまりの高さと美しさに圧倒されるばかりです。

 

いやま~!足元にも及びません。

 

ということで今のところ、「タグ」「カテゴリ」とも思い切り及び腰の選択を行っています。

これは該当しないと見なされそうだなと思われる分野を避け、これなら絶対大丈夫だろうと思われるもののみを登録するという「引き算」の対策をしている次第です。

そのうち選択の「コツ」みたいなものがつかめてくるんじゃないかと期待してはいますけど。

セットの投稿

ここまでで「タグ」「カテゴリ」の選択の難しさをおわかりいただけたでしょうか。

でも、引き算の対策ばかりでは、イラストのテーマも限られてしまうのではないかと不安になり、どうしたらすんなり審査を通過し速やかに公開されるのかを考えてみました。

 

見出し カテゴリの解釈 の中に「セット」というワードが出てきましたね。

セット」とは、同一のモチーフをセットにしたイラストのことです。

以前からこういう形の作品はありましたが、近年この形式が急増しています。

そのためイラストAC側では今まで無かったこの「セット」というカテゴリを設定したほどです。

そのくらい人気の高いイラストなのです。

例えば文具というテーマでエンピツや消しゴム、はさみ、のり、ホチキス、ノートなどあらゆる素材を1つに集結させたイラストがあったとします。

ユーザーはそれをダウンロードした後必要に応じた素材をその都度切り取り使用することが出来ますよね。

入学式というテーマで、ランドセル、上履き、文房具、名札、ハンカチ等々がセットになったものであればわざわざバラバラにダウンロードしなくとも1回の手間で欲しいイラストが手に入るというわけですからお得感がありますよね。

それが「セット」です。

多くのタグを登録でき、かつ適格なカテゴリを3個設定できるという条件をこれは満たしているのです。

ただ、これはご覧になればおわかりになると思いますが、作品によっては単体のイラストを何枚も描くより時間がかかってしまう場合もあります。

でも、これなら「タグ」「カテゴリ」の選択に悩むこともありませんしダウンロードされる可能性は格段にアップすること確実です。

単体のイラストで数をこなすより効果的かもしれません。

その証拠に今のイラストACのダウンロードランキングの上位はほとんど「セット」で占められているといっても過言ではないでしょう。

なので、すんなり審査を通過し速やかに公開されるには「セット」での投稿がおすすめです。

 

私は今まで「セット」という概念でイラストを描いたことがなかったのですが、過去作品でそれに該当しているものをひとつあげてみます。

描いたあとで「あ、もしかしてこれセットでいけるかも」とダメ元で投稿したらすんなり公開されたという作品です。

以前はこれでもOKでしたが今ではどうなんでしょう。

またトライしてみるしかないですね。

素材リクエスト一覧の活用

いやそれでも「セット」はハードル高そうだし~と躊躇しているあなた。

ユーザーが自分の希望するイラストを見つけられなかった場合、「こんなイラスト描いて欲しいんだけど」とリクエストが出来るというシステムがあります。

イラストレーターはそれをメンバーページでチェックし、その中で自分が描けそうなものを選び作品を公開。

するとそれをトップページでユーザーが確認し、気に入ったイラストをダウンロードという流れです。

これだと、「タグ」「カテゴリ」にさほど迷うことがなくなるかと思います。

リクエストは日々更新されるのでテーマに悩むこともありませんね。

「セット」はどうもというあなた、「素材リクエスト一覧」を活用されてはいかがでしょう。

まとめ

以上、イラストACの「非公開」を回避するための傾向と対策について述べてきましたが、

  • 「セット」のイラストを投稿する。
  • 「素材リクエスト」を活用する。

のが「タグ」「カテゴリ」選択という関門をスムーズに通過できる方法かと思います。

「非公開」の原因には他に「公序良俗に反するもの」、「類似した作品」、「データの不備」、「イラスト素材としてふさわしくない」等があるのですが、それ以前にこれらのメッセージをもらわないようにすることが大事。

でも、もしこんなメッセージがかえってきたら・・・試行錯誤して下さい(笑)

 

あなたの大切なイラストがたくさんの人の目にとまりますように!

こちらも併せてお読み下さい。非公開メッセージに基づいて具体的な対策を実行してみました。

コメント