【新元号スタンプ】販売期間終了したよ!もう一度販売する方法は?

 

日付がまさに6月1日に変わろうかというその時に、「ピロロン」とLINEからのメッセージ。

スタンプの販売期間が終了しました。

というお知らせでした。

「新元号スタンプ」の販売期間がちょうど5月31日までだったのです。

 

あっという間でしたね~。

 

まあ、「令和」という元号名もこの1ヶ月ですっかり日常になじんでしまった感もありますからもうだいぶ鮮度が落ちてしまったかな・・・。

とはいうものの、受付締め切り期限ぎりぎりまで頑張ってかなり気持ちをこめて作ったスタンプですから、このまま朽ち果てさせるのはもったいない!

そこでもう一度蘇らせようと決心しました。

 

 

ここでは、キャンペーン終了に伴い、販売終了となってしまったスタンプを再び販売するためにはどうすればいいのかを順を追ってお話したいと思います。

 

終了スタンプを再び販売するための手順

フレームをはずす。

申請するにあたって、メイン画像にこんな専用フレームをダウンロードして付けることが条件になってました。

キャンペーン終わってしまったらもはや無用の長物・・ということではずします。

LINE Creators Marketさんからのお知らせ「新元号スタンプ特集」募集にあたっての注意点にもこう書かれていました。

キャンペーン終了後も同じクリエイティブで販売したい場合は、メイン画像の特別フレームを除外して新規登録後、改めて申請してください。

これをつけてたら逆に今度はソッコーでリジェクトをくらいますのでご注意を!

元号にちなんだスタンプを修正する。

この特集の参加条件として、パッケージの8個以上が「元号(年号)」に関する内容であることとされていました。

なので、再びリリースするためには、情報としてブーム?の過ぎた「元号にちなんだスタンプ」を削除し、新しいものに差し替えていきましょう。

もっとも、これについてはLINE側からの指示はないので、このまま(最初にリリースした時のまま)を活かしたいのであればそれは個人の自由で別に差し支えないのですが、このスタンプがこれからもずっと流通していくことを考えると元号が変わったタイミングでの内容は少し違和感があるのではないかと思います。

見出しタイトルを「修正」としましたが、「削除」→「新規作成」というケースもありえますね。

 

ちなみに私の該当スタンプは以下のとおりです。

 

 

う~ん、これではちょっと「え?今さら?」な内容じゃないですか?

ここは思い切って「削除」→「新規作成」を行い、新しい言葉を考えイラストも一新していくつもりです。

タイトルももちろん新しくしないと~。

「毎日使えるスタンプ」に対応させる。

そこで、どうせなら今まさに審査受付期間になっている「毎日使えるスタンプ特集」に参加してみましょう。

この特集は、なんと!

●LINE Creators Support Programの選定対象になっている

●定額サービス「LINEスタンププレミアム」に参加することができる。

という二つのチャンスが付いてきます。

これはのっかっていくしかないですよね。

規定の言葉を添えたスタンプを追加する

スタンプを再申請(正しくは新規投稿)していくにあたって、「毎日使えるスタンプ特集」に応募するのであれば、以下の表現を含むことを指定されています。

  • おはよう
  • 了解
  • ありがとう
  • よろしく
  • おつかれ
  • おやすみ

ご覧の6つです。

ごくごく普通のあいさつ言葉です。

以前にも書きましたが、シンプルだからこそ難しい。

もう出尽くした感がありますもんね。

う~ん、どうしましょう。

語尾や言い方などは意味がわかればOKとなっていますが、ここでまた別の疑問がわいてきました。

スタンプは8個から40個までが1パッケージとなっていますが、その中のいくつ以上をこの指定の言葉にすればいいのでしょう。

それに関しては具体的には書かれていないのです。

もしかして、言い方やニュアンスを変えながら全部をそれに該当させるんならちょっと厄介ですね。

例えば、「おはよう」を「おはよう」「おはようございます」「おはよ~!」のように何通りもの言い方にして表現するにしても指定の言葉は6種類ですから、40個としたらそれぞれ6~7種類を作らねばならないわけです。

 

新規スタンプ(販売済のアップデート申請はNG)
スタンプのうち、以下の表現を必ず含むこと(語尾や言い方などは、意味がわかればOKとします)

 

「気持ちを伝えるスタンプ」や「敬語スタンプ」のように、パッケージ内の○%以上がテーマに即したものという断り書きが無いということは、多分、1つのパッケージの中にこの6種類の表現を含むものが入っていればOKという意味でしょうね。

という解釈で大丈夫かな・・・。

 

いいんじゃない?

販売国を追加する

「新元号スタンプ」でリリースした際は、販売国は日本のみでした。

今回はそのようなしばりはありませんので、販売国は「すべての国」を選択しましょう。

まとめ

このように、5月31日をもって販売を終了した「新元号スタンプ」ですが、もう一度販売を開始するには、

  1. メイン画像の特別フレームをはずす。
  2. テーマに沿わない画像を修正する。
  3. 新規登録後、あらためて申請する。

という流れで行います。

とはいっても私も初めての試みなので果たして、これからあらためて申請する「元」新元号スタンプが「毎日使えるスタンプ特集」のテーマに沿ったものになるかどうかはわかりません。

とりあえず指定の表現が含まれているからOKとなるのか、その他のスタンプがテーマに合わないと見なされてリジェクトになってしまうのか。

これはLINE Creators Marketさんの判断にまかせるしかありません。

もしリジェクトなら、「毎日使えるスタンプ特集」の参加設定をはずして普通のスタンプとして再トライしてみたいと思います。

 

経過はまたご報告させていただきます。

 

※以後の経過を次の記事でご報告しています。ご参考になれば幸いです。

 

さあ、今度こそ時間に余裕を持って作業を行いますね!

 

タグも忘れんなよ~!

 

 

はい、胸に刻んでおきます(笑)

 

コメント